30代後半の転職は覚悟を決めて

転職エージェントランキング

30代後半の転職

30代後半の転職

30代に勤めていた会社に定年まで踏み留まれば、その後は順調にキャリアを築き、最終的には役職手当や退職金を受け取るまで安定した会社人生を送ることも期待できます。それにもかかわらず、30代半ばで初めての転職に失敗し、その後転職を繰り返してしまうといったケースが少なからずあります。30代は転職を考える人にとって大きな転機といえるでしょう。新卒で入社した社員であれば、10年程度の経験の中でマネジメントスキルを磨き、30代後半にかけては、監督職管理職へと昇進していく時期に当たります。この時期以降、転職でのキャリアアップを考える場合、最低限マネジメントスキルを身につけていることが必要になります。30代後半から転職の選択肢が狭まるのにはこうした背景があります。

 

スキルのないまま転職を繰り返すと…

もし、どの企業でも通用するマネジメントスキルを身につけないまま、転職にチャレンジしても、同年代のライバルとの競争に勝ち残ることは困難です。転職先探しに苦労を重ねた結果、転職前と比べて100〜200万も年収が下がってしまった、といったケースも、残念ながら現実に存在します。

 

また、30代後半で初めての転職を考える際、特に注意すべき点がもうひとつあります。それは、この年代になると働き方やビジネスにおける考え方に対して、柔軟性を欠いてしまいがちになるという点です。新卒で入社した最初の会社で10年近くも過ごせば、大抵の方は、その企業の社風働き方が常識として染みついています。前職での常識が無意識にまで浸透しているために、転職先に自分自身を順応させられなくなっていくことがあるのです。

 

社会人として働き始めの20代であれば、企業の型にはまることもなく、働き方や考え方にも柔軟性が残されています。何より、若い社員に対しては、先輩や上司が細々と指導をし、その企業で働くのにふさわしい方向へと導いてくれるものです。しかし、30代後半からの企業人に問われるのは、ポテンシャルではなく成果です。大抵の企業ではベテランと位置づけられ、マネジメント層はもちろん、企業によっては経営幹部クラスもいる年代ですから、修行中の身の若手とは期待される姿が異なります。前職での常識にしがみついて、思うように成果を出せずもがいていても、助け船など出してもらえないのが現実。転職先で待っているのは、結果への評価だけなのです。

 

転職エージェントの仕事をしていると、1社目で15年、2社目で3ヵ月、3社目で3ヵ月…といった職務経歴書を、本当によく目にします。実際にこうしたケースを目の当たりにすると、30代で勤めていた会社に留まっていたほうが、最終的には幸せだったのではないだろうか、と思わずにいられないこともあるのです。とはいえ、そのことを一番深く噛みしめているのは、当のご本人かもしれませんが…。

 

30代から40代は、経歴に見合った責任とやりがいを与えられ、会社人生で一番活躍する時期、当然、年収も稼げる時期です。これから転職を考えるみなさんも、せっかく築き上げてきたキャリアを安易に捨てて、予想外の苦労をすることがないよう、慎重なキャリアプランを検討していただきたいと思います。

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント