すぐに転職すると評価や退職金の面でデメリットが多くなる

転職エージェントランキング

「正社員として入社したら、たとえ自分に合わないと思っても3年は我慢した方がいい」。こんな話を聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。新卒で入社した人への忠告、あるいは転職を検討している人への戒めとしてよく使われるフレーズです。

 

就職や転職にまつわる俗説は数多いので、その1つと見なしてしまうのもいいでしょう。しかし、明確な根拠があるのであれば、軽く見ることはリスクが大きくなります。ここでは、「3年我慢すべき説」の根拠を分析し、すぐに転職することのデメリットをまとめました。3年未満での転職を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

 

3年という期間は、社会人としての形が出来上がるための期間である

 

まずは、キャリアの形成という点から分析してみましょう。多くの場合、入社1年目は研修の年です。基礎研修を終え、先輩や上司に付いて学びながら、少しずつ仕事を覚えていくわけです。1年目からいきなりノルマを課されることはあまりないでしょう。

 

2年目は、過保護な状態からは離れて、1年目をなぞる企業が多く見られます。新人だったころの自分と比較しつつ、同じことをやって習熟度を深めます。3年目は、新しいことも覚えながら、一定の仕事を任される段階です。人によっては後輩の指導もできるでしょう。4年目に入るころには、一端の社員になっているはずです。

 

つまり、入社して3年間経過した人というのは「ひとまず社員としての形ができあがった」段階なのです。まだまだ学ぶことは多いにしても、社会人として恥ずかしくないくらいには能力と自覚が身につき、客観的に見ても十分やっていける状態になるわけです。

 

もちろん、転職を希望する企業からも一定の評価をされます。同業界であれば即戦力として通用するでしょうし、別の業界でも「社会人として最低限の状態にはなっているな」と判断してもらえます。転職が成功する確率は高いといえるでしょう。逆に、3年未満で転職しようとする人は、評価が落ちてしまいます。これが「3年我慢すべき説」の1つ目の根拠です。

 

多くの企業では、退職金の支給条件を3年以上の勤務と定めている

 

次は、退職金の点から根拠を考えてみます。退職金に関する法律上の定めはないため、金額や支給の条件については企業の判断に任されています。退職金に関するルールは就業規則によって定められ、「入社後3年以上の勤務」を条件とする企業が多く見られます。

 

このような企業では、3年未満で退職すると退職金が支給されないわけです。また、企業によっては試用期間を「3年」に含めないところもあります。試用期間が半年であれば、実質3年半勤務しなければ退職金がもらえません。

 

勤務3年での退職金はそれほど大きな額にはならないと思われますが、支給されるのであればもらっておきたいという人が大半でしょう。2年目で転職を考え始めても「退職金のためにあと1年我慢しよう」と考える人も少なくないはずです。これが「3年我慢すべき説」の2つ目の根拠となります。

 

ただし、自己都合退職の場合は退職金を大幅に減額する規定を設けている企業もあります。転職による退職は自己都合ですから、この規定に当てはまります。そうなると、3年間勤務した程度では退職金の額は非常に小さくなると考えられます。これを失うことをデメリットに感じるかどうかは、その人次第です。

 

→退職金をもらって転職する

 

日本人の感覚では、3年未満の勤務は短く感じることが多い

 

最後に、日本人の感覚から根拠を探ってみましょう。「三度目の正直」「仏の顔も三度まで」ということわざに象徴されるように、日本人は「3」という数字を1つの基準として捉える傾向があります。そのため、勤続年数が3年を突破した段階で「一人前」として扱ってもらえるという考え方ができます。

 

ということは、勤続3年未満で転職した人は「うまく言えないけれど、何となく短い期間でやめている人」になります。その結果、どんなに優秀な経歴の持ち主であっても「だけどこの人、3年持たずにやめているじゃないか」と切って捨てられてしまうわけです。

 

もちろんこれは、具体的な根拠とは呼べません。しかし、漠然と刷り込まれた思想というのは、時として強い影響力を持ちます。「何となく短く感じる」という感覚が、案外馬鹿にできないものなのです。これが「3年我慢すべき説」の3つ目の根拠です。

 

総合的に考えると、「3年我慢すべき説」は事実といえる

 

日本人の感覚による説を除外したとしても、残りの2つがあれば「3年我慢すべき説」は十分信憑性があるものと考えることができます。いい転職をしたければ、少なくとも3年は勤務を続けた方がよいということです。

 

もちろんこれは、その人の置かれている状況にもよります。すでに面接を受けて内定をもらっているという人は、退職金を捨ててでも転職をする意味はあるでしょう。今の会社の労働環境が劣悪なら、身を守るために3年未満でやめるのは決して間違いではありません。転職のメリットと3年未満でやめるデメリットをよく比較し、納得のいく選択をすることをおすすめします。

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント