ブラック企業は社員を使い捨てだと考えています!ホワイト企業とブラック企業はどのように見分ければよいのでしょうか/正社員転職エージェントおすすめランキング

転職エージェントランキング

ブラック企業には転職しないようにしっかり企業を判断する

ホワイト企業なのかブラック企業なのか

 

転職を考えるときにはどの企業を選択するのかがとても重要になります。ブラック企業と呼ばれる企業を選んでしまうと消耗品のように何年も何十年もこき使われて、その後ストレスなどによりつぶれてしまうことになります。一方でホワイト企業を選ぶことができれば仕事にも年齢と共に慣れますし、また収入が増えて生活自体も楽になります。転職をするのであればブラック企業を避けてホワイト企業を選びたいものなのですが、「うちはブラック企業ですよ」などと求人票に書かれていることはありませんので、実際の転職ではホワイト企業なのかブラック企業なのかをしっかりと判断することが必要になるのです。今回はブラック企業の定義やブラック企業を見分けるための方法について解説したいと思います。

 

ブラック企業とは具体的にはどのような企業なのでしょうか?

同じ会社であっても勤めている人によって、ホワイト企業だと感じる場合もあればブラック企業だと感じる場合などもあるようです。例えば会社の設立当時から働いていて年収や休暇や残業などの条件について満足している人の場合には、自分が勤めている会社をホワイト企業だと感じるはずです。しかし同じ会社であっても中途で入社した別の人の場合には、厳しいノルマを課せられたりサービス残業を強いられたりして、自分が勤めている会社をブラック企業だと感じてしまうかもしれません。まずははこれから転職を希望する人のために、ブラック企業の定義について考えてみましょう。下記の5つの条件をチェックしてみてください。

 

  • 正当な給料が支払われるかどうか
  • 残業が多すぎないかどうか
  • 残業代は支払われるかどうか
  • 達成が不可能なノルマを課せられることはないかどうか
  • 有給休暇が取れるかどうか

 

これらの5つの条件に問題がなければホワイト企業、問題があればブラック企業だということになります。仕事自体が厳しくてもこれらの条件に問題がなければ、ブラック企業には該当しません。次はブラック企業とホワイト企業を見分けるための条件について、さらに詳しく確認してみましょう。

 

見分け方その1:求人に制限がありません

ブラック企業は人材を使い捨てだと考えています。門戸を幅広く広げて多くの人材を集め、低賃金で限界まで働かせて、ダメになったらまた別の人材を雇えばよいと考えているのです。人材は使い捨ての消耗品であり、これを育てようという考えはありません。このようなブラック企業の考え方は求人票からも読み取ることができます。求人に制限がなく誰でもOKであるということは、裏を返せば「どうせ使い捨てだから誰でもかまわない」「育てるつもりがないから素質などを確認する必要はない」ということなのです。一方でホワイト企業では自社と共に成長する人材を採用したいと考えていますので、募集の際にはある程度のスキルや学歴などを応募のための条件として設定しているのです。あまりにも門戸が広く求人に制限がないという企業については、使い捨ての人材を募集しているブラック企業の可能性がありますので注意が必要です。

 

見分け方その2:成果主義を強調しています

「あなたの頑張り次第で年収はアップします」などと求人票に記載されている企業には注意が必要です。一見すると頑張れば頑張るほど収入が増えるように思えるのですが、実際にはそうではありません。達成不可能な厳しいノルマを課せられて、さらにそれを達成するために死ぬほど働かされることになります。時間外労働や休日出勤などは当たり前になりますし、いくら頑張ってもノルマを達成することはできませんので、それを理由として残業代などは一切支払われません。最終的にはボロボロになるまで働かされて、その後報われないことに気付いて辞めていくことになります。

 

見分け方その3:残業時間や時間外給与の記載がありません

ブラック企業の求人票には残業時間や時間外給与などが記載されていません。社員をただ働きさせようと考えていますので、これらの条件を記載せず曖昧にしているのです。ブラック企業ではたくさんの給料がもらえるというイメージを演出して、自分たちにとって都合の悪い情報は隠しています。一方のホワイト企業では、残業時間や時間外給与などについても詳細に記載しています。求人票をチェックする際には、これらの情報が詳細に記載されているかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。

 

見分け方その4:年収の記載が幅広くなっています

「年収250万円〜1000万円」などのように、年収についてあまりにも幅広く記載されている場合にはブラック企業の可能性が高くなります。特に年収の表記で「1000万円」の部分が強調されている場合や、入社後すぐに年収1000万円を達成した人の体験談などが記載されている場合などには注意が必要です。年収の記載が幅広い場合には実際の年収は記載された下限の金額であり、上限の金額についてはあくまでも「夢」「目標」であることがほとんどです。例えば年収の上限が1000万と記載されているのであれば、それは「1000万円分働け!」というブラック企業からのメッセージだと考えるようにしましょう。

 

見分け方その5:会社名を検索してみましょう

ほとんどの場合には求人票に社名が記載されていますし、また社名を非公開とした求人であってもその後転職活動をすすめていくことにより自然に社名が判明するはずです。転職を希望する企業の社名がわかったら、インターネットの検索などを利用してその企業の口コミなどを確認してみましょう。インターネットの情報については嘘や宣伝なども多くそのまま信じてしまうことは危険なのですが、その企業の一般的な評判を確認するためには十分に役立つはずです。ホワイト企業であれば悪い口コミが多数見つかるということは少ないですから、ブラック企業を判別するための目安として活用してみてください。

 

ホワイト企業とブラック企業

現在は様々な企業が求人を行っていますがホワイト企業の求人は少なく、雇用と解雇を繰り返すブラック企業の求人が多いようです。ただし全ての企業をホワイト企業とブラック企業の二つに分けることはできません。給与は少ないけれど残業のない企業もありますし、また給与は多くても残業ばかりという企業などもあります。いわゆるグレーな企業が大半となりますので、まずは自分にとって特に重要な条件を重視して、それ以外の条件については一定の妥協を行うことなどが必要かもしれません。

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント

ブラック企業は社員を使い捨てだと考えています!ホワイト企業とブラック企業はどのように見分ければよいのでしょうか/正社員転職エージェントおすすめランキング関連ページ

ボーナスをもらって転職
ブランクあけの転職活動
外国人が日本で転職をする時にはどのような事が重要なポイントなのでしょうか?
他国語を使いこなせると転職をする時にとても有利
転職に学歴はあまり関係ないってホント?
勢いで転職はダメ、じっくり考えてから決断しよう
離職票
前歴調査などもあるので嘘はばれるので気をつける
無職の期間をアピール
ライバル企業への転職と競業避止義務/正社員転職エージェントおすすめランキング
会社が倒産する前兆とは?まさかの事態に備えるテメに/正社員転職エージェントおすすめランキング
年代別の再就職するなら気を付けたいこと/正社員転職エージェントおすすめランキング
資生堂ショック!女性に配慮した職場への転職を成功させるにはどうすればよいのでしょうか/正社員転職エージェントおすすめランキング
ブラック企業を辞めると決めたなら行動は慎重に/正社員転職エージェントおすすめランキング
早期退職制度、あなたなら応募しますか?/正社員転職エージェントおすすめランキング
転職の条件では何が重要なのでしょうか?まずはそれぞれの条件に優先順位をつけてみましょう/正社員転職エージェントおすすめランキング
コネを使った転職は悪いことなのでしょうか?悪いことではありませんが控えることをおすすめします/正社員転職エージェントおすすめランキング
選考解禁が6月
LinkedIn
Facebook
優良中小企業の探し方
内定を辞退するには