コネを使った転職は悪いことなのでしょうか?悪いことではありませんが控えることをおすすめします/正社員転職エージェントおすすめランキング

転職エージェントランキング

コネで転職できるなら利用した方がいい?

コネを使った転職のメリットとデメリット

 

なかなか転職が上手くいかないという人の場合には、コネを使えば転職に成功するかもしれません。例えば飲み屋で友人に「転職がなかなか上手くいかないんだよ」などと話したところ、友人の紹介で転職が決まったという人などもいるようです。世界中どこでもコネは転職には有効なのですが、日本の場合コネを使った転職はあまり行われていません。今回はコネを使った転職のメリットとデメリットについてご紹介しますので、コネを使った転職は良いことなのか悪いことなのか、じっくりと考えてみましょう。

 

コネ転職に対する世間一般の見方

日本ではコネを使うことは悪いことだという概念が一般的になっています。コネを利用するのはフェアでなくズルいことだと考えられているのです。例えばクラスの中に有力者の子供がいて、特に努力もせずに大学に進学することができたとします。それを見た周囲の子供はどう思うでしょうか。転職についても同様であり、コネで入社した人は周囲から「あの人は他の人の力で入社をした」「自分の力で勝負をしない人だ」などと思われてしまうことになります。日本社会ではコネに対しては厳しい見方をする人が多いようです。ちなみに海外ではコネ入社に対しては「よかったね、おめでとう」という感じであり、それ以上の干渉をすることは少ないようです。

 

コネに対する企業の見方について

日本社会ではコネに対しては否定的なイメージが強いのですが、企業の見方は若干異なります。これは正式な試験や面接を通過して入社した人であっても、実際に使ってみなければ役に立つかどうかわからないということが理由となっているのです。面接はあくまでも一時的なものですから、自分を繕ったりきれいごとを並べたりしてごまかすことができます。そのため実際に採用して働かせてみなければ、その人が本当に企業に貢献する人材なのかどうかわからないのです。一方でコネによる入社の場合には紹介した人の保証付きの人材ということになりますので、企業は安心して採用することができます。企業ではどのようにして入社をしてきたのかといった経緯は全く気にしていません。あくまでも入社後における企業への貢献が重要なのです。

 

紹介してくれた人に対する影響について

コネによる入社をした場合には、紹介してくれた人に対しての責任が生じることになります。入社後の営業成績などが悪ければ、自分を紹介してくれた人に対して迷惑をかけてしまうことになるのです。実力で入社したのであれば全ては自分1人の責任ということになりますが、コネによる入社ではそういうわけにはいきません。また実際に入社した後で「自分が思っていたのとは違うな」「転職に失敗したかな」などと思う場合もあるでしょう。ボーナスの額が思ったよりも少なかったり、またサービス残業が思っていたよりも多かったりするかもしれません。実力で入社したのであれば思い切って辞めてしまうこともできるのですが、コネによる入社の場合には「辞めるに辞められない」といった状況で困ってしまうことになります。

 

コネを使った転職のメリットについて

コネを使った転職のメリットとしては、比較的優良な企業に入社しやすいということがあげられます。紹介してくれる人の保証付きの企業ということになりますので、安心して働くことができるはずです。現在はいわゆるブラック企業が増加しています。ブラック企業では多くの採用と解雇を繰り返していますので、求人全体に占めるブラック企業の求人割合が増えているのです。実力で入社しようとするとブラック企業に入社してしまう可能性が高くなりますし、一度ブラック企業に入社してしまうと優良企業への再転職は厳しくなります。ブラック企業を回避しやすいということが、コネを使った転職の大きなメリットだといえるでしょう。

 

コネを使った転職のデメリットについて

コネを使った転職のデメリットとしては、まずは紹介した人に対する責任が生じることがあげられます。入社後の営業成績などが悪ければ紹介した人にも迷惑がかかりますし、また仕事を辞めたくなっても簡単に辞めてしまうというわけにはいかなくなります。さらにコネを使って転職をすると誰かに頼りがちになり、自立心が育ちません。悪条件で苦労をして転職することも社会勉強であり、そのような苦労は必ず将来において何かの形で役立つはずです。

 

コネを使うのは悪いことなのでしょうか?

コネを使うのは決して悪いことではありませんが、まずは自分の実力だけで勝負することをおすすめしたいと思います。長い人生を考えると、自分の道は自分で切り開くということが自分自身のためになるはずです。苦労をすることになるかもしれませんが、その後転職や昇給昇進に成功することができれば本当の意味でのスキルアップに成功することになります。コネを使うことについては最終手段だと考えるようにしましょう。

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント

コネを使った転職は悪いことなのでしょうか?悪いことではありませんが控えることをおすすめします/正社員転職エージェントおすすめランキング関連ページ

ボーナスをもらって転職
ブランクあけの転職活動
外国人が日本で転職をする時にはどのような事が重要なポイントなのでしょうか?
他国語を使いこなせると転職をする時にとても有利
転職に学歴はあまり関係ないってホント?
勢いで転職はダメ、じっくり考えてから決断しよう
離職票
前歴調査などもあるので嘘はばれるので気をつける
無職の期間をアピール
ライバル企業への転職と競業避止義務/正社員転職エージェントおすすめランキング
会社が倒産する前兆とは?まさかの事態に備えるテメに/正社員転職エージェントおすすめランキング
年代別の再就職するなら気を付けたいこと/正社員転職エージェントおすすめランキング
ブラック企業は社員を使い捨てだと考えています!ホワイト企業とブラック企業はどのように見分ければよいのでしょうか/正社員転職エージェントおすすめランキング
資生堂ショック!女性に配慮した職場への転職を成功させるにはどうすればよいのでしょうか/正社員転職エージェントおすすめランキング
ブラック企業を辞めると決めたなら行動は慎重に/正社員転職エージェントおすすめランキング
早期退職制度、あなたなら応募しますか?/正社員転職エージェントおすすめランキング
転職の条件では何が重要なのでしょうか?まずはそれぞれの条件に優先順位をつけてみましょう/正社員転職エージェントおすすめランキング
選考解禁が6月
LinkedIn
Facebook
優良中小企業の探し方
内定を辞退するには