資生堂ショック!女性に配慮した職場への転職を成功させるにはどうすればよいのでしょうか/正社員転職エージェントおすすめランキング

転職エージェントランキング

資生堂ショック!女性に配慮した職場への転職を成功バランスの取れた見方と理解ある会社選び

女性に優しい職場

 

女性に対する理解が不足している会社が多いというのが、現在の日本の現状だといえるでしょう。せいぜい女性専用のトイレが設定されている程度で、男女が同じ更衣室を兼用している企業なども存在するのです。女性のための職場環境改善を提案すると、「仕事では男性も女性も同様だから、女性だけを特別待遇にすることはできない」などと言われることになります。女性の場合には月に一度の生理などもあるため男性と同様に働くことは困難なのですが、実際には男性同様に働くことを強要されることが多く、また結婚や出産などの機会があると自主的な退職を迫られることなどもあるようです。女性に理解のある職場への転職を成功させるためにはどうすればよいのでしょうか。

 

日本の企業が女性への配慮に乏しい理由について

経営者の大半は男性です

日本の企業では経営者の大半が男性となっています。企業における勤務条件や福利厚生などは経営者の判断により決定されることになりますので、男性の経営者が「自分が社員ならばどのような勤務条件や福利厚生などを希望するだろうか?」と考えることになります。男性目線で勤務条件や福利厚生などの詳細が決められるため、女性に対する十分な配慮が行われていないということに気づかないのです。また生理などの女性特有の事情も理解できず、体調不良による休みを希望しても「仕事をなめているのか!」などといわれてしまうのです。

 

効率を優先した会社の構成になっています

日本の会社構成は効率重視であるため、女性に対する配慮はどうしても不足しがちになります。女性の場合には生理や出産などによる休暇を希望することが多いため、他の社員の仕事に影響を与えたり、仕事全体の効率が低下してしまうことになるのです。女性を採用することには企業全体の効率が低下してしまうリスクが伴いますので、日本の企業では全般的に男性を採用する傾向が強くなっています。女性の採用が少ないため女性への配慮が不足しがちとなり、その結果女性の採用が増えないという負の循環になっているのです。

 

海外とは文化が異なります

日本は島国であり海外とは文化が異なることも、女性に対する配慮が乏しいことの理由となっています。アメリカなどの海外諸国では、職場における女性の権利が確立しています。重い荷物を持つのは男性であり、エレベーターなども女性優先です。男性と女性とでは仕事の内容においては同等ですが、男性と女性の性差に配慮することが当たり前になっているのです。また休暇制度などが充実していて、育児休暇を男性が取得する場合などもあるようです。

 

現在の職場で辛抱することは必要なのでしょうか?

現在の勤務先が女性に対して理解がないと感じるのであれば、自分が社長になって企業全体を改革する以外に方法はありません。さらに現実的な方法としては他の企業への転職があげられるのですが、これについては「現在の職場で辛抱して働き続けた方がよいのではないか?」という意見なども多いようです。経済的な理由を優先するのであれば確かにその通りなのですが、長期的に考えるのであれば女性に理解のある職場への転職を検討することをおすすめしたいと思います。いくら収入があっても身体を壊してしまったり、家族が不仲になってしまったら意味がありません。若干収入が少なくなってしまったとしても、女性に対して理解のある職場で働いた方が自分自身のためになるのではないでしょうか。

 

女性に対して理解のある職場への転職に成功するためには
女性が経営者である企業を選びましょう

企業の意思決定を行うのは経営者ですから、女性が経営者である企業を選択するようにすれば、女性に対する一定の配慮が期待できるはずです。求人票などを見て女性が経営者である企業をチェックしてみましょう。女性が経営者である場合には女性に対する十分な配慮が行われていて、逆に男性に対する配慮が足りないという企業などもあるようです。ただし女性だからと甘えてはいけません。面接などで勤務時間や休暇制度や福利厚生などをしつこく確認するのは悪印象になります。企業に貢献するために男性と同じように働くということを積極的にアピールしましょう。将来出産休暇や育児休暇が必要になったら、その時に相談をすればよいのです。

 

女性社員が多い企業を選びましょう

経営者が男性であっても女性社員が多い企業であれば、女性に対する一定の配慮が期待できるはずです。逆に女性に対する配慮が不足しているという場合には、女性社員が多い企業は成り立たなくなります。例えば9割以上の社員が女性であるエステ業界などの場合には、女性が働きやすい職場環境を構築するための様々な配慮が行われています。このような企業に転職すれば、女性が女性らしく活き活きと働くことができるはずです。

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント

資生堂ショック!女性に配慮した職場への転職を成功させるにはどうすればよいのでしょうか/正社員転職エージェントおすすめランキング関連ページ

ボーナスをもらって転職
ブランクあけの転職活動
外国人が日本で転職をする時にはどのような事が重要なポイントなのでしょうか?
他国語を使いこなせると転職をする時にとても有利
転職に学歴はあまり関係ないってホント?
勢いで転職はダメ、じっくり考えてから決断しよう
離職票
前歴調査などもあるので嘘はばれるので気をつける
無職の期間をアピール
ライバル企業への転職と競業避止義務/正社員転職エージェントおすすめランキング
会社が倒産する前兆とは?まさかの事態に備えるテメに/正社員転職エージェントおすすめランキング
年代別の再就職するなら気を付けたいこと/正社員転職エージェントおすすめランキング
ブラック企業は社員を使い捨てだと考えています!ホワイト企業とブラック企業はどのように見分ければよいのでしょうか/正社員転職エージェントおすすめランキング
ブラック企業を辞めると決めたなら行動は慎重に/正社員転職エージェントおすすめランキング
早期退職制度、あなたなら応募しますか?/正社員転職エージェントおすすめランキング
転職の条件では何が重要なのでしょうか?まずはそれぞれの条件に優先順位をつけてみましょう/正社員転職エージェントおすすめランキング
コネを使った転職は悪いことなのでしょうか?悪いことではありませんが控えることをおすすめします/正社員転職エージェントおすすめランキング
選考解禁が6月
LinkedIn
Facebook
優良中小企業の探し方
内定を辞退するには