ワーホリから帰国して就職が決まらない人の特徴

転職エージェントランキング

ワーキング・ホリデー後の就職はアピール方法を転職エージェントに相談

ワーホリというのは、ワーキング・ホリデーの略です。ワーキング・ホリデーとは国と国との協定で30歳ぐらいまでの若者が異国で休暇を過ごし、他国の文化に触れながらその間の滞在費用を稼ぐために就労することを認めるという制度です。

 

現在はオーストラリアやニュージーランド、韓国、カナダ、フランス、ドイツ、イギリスなどとこの協定を結んでいます。異国の文化を体験し、語学力も磨くことができるワーキング・ホリデーを経験した人ならグローバルな視点を持って物事を見ることができ、チャレンジ精神にも富んでいると考えられるため帰国後の就職もしやすいのでは、と考えますが現実にはそうとも言えないようです。ワーキング・ホリデーを終えて帰国した人が再就職を成功させるためにはどういったことが必要なのでしょうか。

 

ワーキング・ホリデーの体験をうまくアピールしたいところ

ワーキング・ホリデーを終えて帰国した人で再就職が上手くいかない人には、現地での体験をうまくアピールできないという傾向があります。ワーキング・ホリデーに行ったからにはそれなりの成果を上げていると考えますが、それが無い人はただ遊んでいただけと判断され、採用するに値しない人というレッテルを貼られてしまいます。
ですから、ワーキング・ホリデーを終えて帰国した人は自分の海外体験を人に伝えられるように整理することが大切です。どういった目的でワーキング・ホリデーに行き、どんな活動をしてどういった成果を得られたかをまとめておきましょう。
ワーキング・ホリデーをただの休暇として過ごした人を企業は採用してくれません。自分のしてきたことに自信をもってしっかり伝えることで再就職が成功するでしょう。

 

再就職に転職エージェントを利用しよう

 

再就職をする際に転職エージェントを活用する方法もあります。転職サイトというのは、掲載されている採用情報を見て自分で就職活動をするものですが、転職エージェントは転職アドバイザーの力を借りて就職活動をするものです。
転職エージェントは人材紹介会社とも言って、登録しておけば転職のアドバイスを受けたり自分の条件に合った求人を紹介してもらったり書類の書き方や面接の方法をアドバイスしてもらったりすることができます。普通に就職活動をするよりも効果的に活動できるものです。

 

転職サイトでは自分の好みの求人が見つからない人や自分のキャリアについてプロの意見を聞きたい人、面接や職務経歴書の作成についてアドバイスが欲しい人、会社との面接のセッティングや条件交渉をするのが苦手な人は転職エージェントを利用するといいでしょう。

 

転職エージェントの求人情報は非公開のものが多く条件の良い求人も多数揃っています。しかし、どこの転職エージェントでも同じという訳ではありません。エージェントと良い関係を築くことも大切ですし、独自の情報をたくさん持っているところでないと登録した意味がなくなってしまいます。また、対応が早いエージェントを探すことも大切です。優秀なエージェントなら、採用担当者の性質を見極めて傾向と対策を練ってくれる人もいます。エージェント次第で再就職の可否に直接つながることもありますから、評判の良い転職エージェントを探しましょう。

 

転職エージェントはこれだけのことをしてくれるのに無料で利用することができます。それは、就職が決まった時には企業側から報酬が支払われるからです、その相場は採用した人の年収の30から35%と言われています。あなたはお金を払ってまで採用したい人材だと企業に思ってもらわなければいけないわけです。

 

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント

ワーホリから帰国後に再就職で正社員を目指すために関連ページ

ボーナスをもらって転職
ブランクあけの転職活動
外国人が日本で転職をする時にはどのような事が重要なポイントなのでしょうか?
他国語を使いこなせると転職をする時にとても有利
転職に学歴はあまり関係ないってホント?
勢いで転職はダメ、じっくり考えてから決断しよう
離職票
前歴調査などもあるので嘘はばれるので気をつける
無職の期間をアピール
ライバル企業への転職と競業避止義務/正社員転職エージェントおすすめランキング
会社が倒産する前兆とは?まさかの事態に備えるテメに/正社員転職エージェントおすすめランキング
年代別の再就職するなら気を付けたいこと/正社員転職エージェントおすすめランキング
ブラック企業は社員を使い捨てだと考えています!ホワイト企業とブラック企業はどのように見分ければよいのでしょうか/正社員転職エージェントおすすめランキング
資生堂ショック!女性に配慮した職場への転職を成功させるにはどうすればよいのでしょうか/正社員転職エージェントおすすめランキング
ブラック企業を辞めると決めたなら行動は慎重に/正社員転職エージェントおすすめランキング
早期退職制度、あなたなら応募しますか?/正社員転職エージェントおすすめランキング
転職の条件では何が重要なのでしょうか?まずはそれぞれの条件に優先順位をつけてみましょう/正社員転職エージェントおすすめランキング
コネを使った転職は悪いことなのでしょうか?悪いことではありませんが控えることをおすすめします/正社員転職エージェントおすすめランキング
選考解禁が6月
LinkedIn
Facebook
優良中小企業の探し方
内定を辞退するには