第2新卒・既卒の転職が歓迎ムード

転職エージェントランキング

企業の第ニ新卒・既卒の需要は多い?

既卒や第2新卒から正社員を目指す! 遅れを取り戻そう/正社員転職エージェントおすすめランキング

 

就職活動は厳しいものです。100社以上受けたけど1社も内定が出なかった、などという話もしばしば聞かれます。また、せっかく入社した企業でも、仕事の内容が今ひとつ自分にあわなかったり、待遇が想像よりも悪かったりすることはよくあります。その結果、新卒入社からいくらも経たないうちに退職する人も少なくありません。

 

一般に、就職先が決まらないまま学校を卒業して社会に出た人を「既卒」、就職はしたけれど短期間のうちに転職を考えるようになった人を「第ニ新卒」と呼びます。第ニ新卒の定義は企業によってブレがあり、就職後3年未満の人を第ニ新卒とみなす場合もあれば、就職後1年未満という狭い範囲のみを第ニ新卒として扱う場合もあります。

 

「もう大学も卒業してしまったし、自分には就職先なんて見つからないんじゃないか」「こんな短期間で退職したら転職が不利になるんじゃないか」といって心配する人は大勢います。

 

近年、第ニ新卒・既卒の転職について、企業側は歓迎のムードが高まっています。第ニ新卒とは、入社から1年〜3年程度勤務した社員の事をさします。仕事の上の業績などはあまりない状態ではありますが、仕事においてのマナーなどは習得している状態にあります。ではどうして今第ニ新卒者の転職が歓迎ムードになっているのでしょうか?

 

企業が求める第ニ新卒・既卒

職種に問わず、仕事について、実際に業務をこなしていくと、自分がやりたかったこととの相違から、転職を考えてしまうという人が圧倒的に多いようです。その為
第ニ新卒者の扱いというのは、会社から会社に引き渡された・・トレード的な雰囲気すらあるようです。

 

 

新入社員として入社した人の3割が3年程度勤務して退職してしまう状況があります。その為、人員の補充というのが必要になるわけです。第ニ新卒者を求人で募集し、転職してきたものを育てて、次世代につなげていこうという考えがあります。

 

第ニ新卒による転職のメリットについて

就職をし、仕事をすると自分が本当にやりたかったことというのが明確にわかってくるものです。そうなった時に、今勤めている会社ではやりたいことができないとなることも多いようです。転職すれば自分の希望が叶うと思っていても、タイミングを謝れば結局転職できずそのままになってしまうことも少なくありません。

 

そういった事態を防ぐためにも、第ニ新卒の段階で転職をしておくと、自分が本当にやりたくなった仕事へシフトするチャンスも生まれ、キャリアチェンジを果たすことができます。

 

第ニ新卒による転職のデメリットについて

転職理由というのは、様々あるかと思いますが、「やりたい仕事をするため転職をする」という人は多いようです。

 

ですが、やりたい仕事をするために転職をしても、経験不足の第ニ新卒者はキャリアを積むために、興味のない部署に回される事もありえます。

 

転職を希望している企業がどのような人事傾向にあるのか?そう言った事もしっかりと調査した上で、転職するのか?しないのか?という事を検討する事がとても大切です。

 

また、第ニ新卒者は最近では企業から歓迎される傾向にありますが、やはり短い期間で転職を繰り返している人となれば、いくら自分がやりたいことをするための転職であるといったとしても、企業からすれば、人間的にマイナスな評価をせざる負えません。

 

転職回数数度に渡ると、最終的には転職しづらい環境に陥る可能性もありますので、転職先の調査は怠らないようにしたい物です。

 

第ニ新卒・既卒転職のコツ/就職活動を振り返り、自分の適性を再判断すれば成功率は上がる

 

就職支援サイト・マイナビの調査によれば、2017年卒の大学生の内定率は、2016年8月の時点で77.5%でした。それに対し、同じ時期の調査でわかった既卒者の内定率は45.0%。30%以上も開きがあります。それだけ既卒者の就職は厳しいのです。

 

参考:「2016年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」を発表 (2016.10.26) | ニュースリリース | マイナビ

 

もともと日本の企業の採用方針は、新卒至上主義といってよい状態にありました。近年では意識の変化も見られますが、いまだに「雇うなら新卒」という認識の企業が多いのも事実です。つまり、既卒者は最初から選考対象に入っていない可能性も高いのです。

 

既卒者は大きく分けると、

 

  • 就職活動をしたが内定が出なかった人
  • 内定は出ていたが就職しなかった人
  • そもそも就職活動をしなかった人

 

この3種類が存在します。既卒者が正社員を目指す場合、既卒になった理由を面接で伝えて納得してもらう必要があります。そこでようやく新卒と同じラインに立てるわけです。

 

下手にごまかすよりは、素直に話した方が得策です。さらに、「当時と比べて考え方の変化はあったか」「何か反省していることはあるか」といった質問を受けることもあるので、しっかりと答えを作っておきましょう。ただ無為の日々を過ごしていたわけではないことが伝われば、新卒と同様に扱ってもらえる確率は上がります。

 

なお、既卒者の内定は3月や9月前後に出やすいといわれています。これらの月は、新年度および下期が始まる時期にあたります。退職や内定辞退などの理由によって人が足りなくなると、計画に支障をきたします。そこで既卒者にもスポットが当たるのです。この時期の求人は、特に注意して見ておきましょう。

 

第ニ新卒には企業も注目している。臆さず転職活動をしよう

 

先程も書きましたが、第ニ新卒の採用に力を入れる企業は増加傾向にあります。第ニ新卒を雇用するメリットは、基礎教育の手間が削減できること。短期間で会社をやめるとしても、新人向けの研修は受けていますし、社会人としての生活にもある程度慣れているでしょう。1から教育が必要な新卒に比べると、第ニ新卒は早い段階での戦力化が可能なのです。

 

また、前の会社の風土に染まりきっていない点も評価されます。ベテランが転職する場合、そのスキルやキャリアは魅力的ですが、前の会社の考え方からなかなか抜け出せない場合があります。第ニ新卒はまだそこまでは達していないだろうと判断され、使いやすい人材として注目されるわけです。

 

もちろん、短期間で転職をするに至った理由は、明確に伝えなければなりません。労働環境や待遇が理由の場合は、比較的理解が得られやすいでしょう。しかし、「想像と違っていた、自分にあわなかった」という理由の場合、「うちに来ても同じことをいうかもしれない」と思われてしまいます。

 

そこで、前の会社をやめる理由以上に、次の会社を志望した動機を強く訴えましょう。前の会社での問題点が次の会社では解決できるのなら、それはステップアップとしての転職になります。面接で堂々と話すためにも、転職先の情報を十分に調べ、前の会社との違いを明確にしておきましょう。

 

転職エージェントを利用し、自分を再評価しよう

 

既卒であれ第ニ新卒であれ、就職活動がうまくいかなかった人は、自分の長所や潜在能力を理解できていない可能性があります。しっかりとした指導を受けず、闇雲に面接の数だけを増やしていた人もいるかもしれませんね。

 

そんな人には、転職エージェントを利用するという方法があります。就活・転活の相談ができますし、履歴書の作成や面接の指導も行ってくれます。何よりも、本人の長所を見極め、適した企業の求人を紹介してくれるのです。

 

就活や転活は、孤独に陥りがちなものです。転職エージェントの助けを借りれば、今よりも前向きな活動ができ、成功の可能性も上がるでしょう。WEB登録は無料で行え、その他の費用もかかりませんから、まずは登録をしてみましょう。

 

既卒や第ニ新卒は、新卒以上に自己分析をせよ

 

就職活動での自己分析は、多くの就活生が行っています。しかし、既卒や第ニ新卒の人は、現役就活生の時の状態に「一度失敗している」という要素が追加されているわけです。この点を解決することが、成功への近道になります。

 

現役のころと同じ姿勢で活動していると、後輩に遅れを取ってしまいます。もう一度自分を見つめ直して、客観的に分析しましょう。もしかすると、志望の業種・職種を変えるという選択肢も見えてくるかもしれません。

 

社会に出て1年や2年の間なら、新卒との差はそれほど開いていません。むしろ、既卒や第ニ新卒を経験したことが、将来の糧になるかもしれません。追いつき追い越すこともできますから、諦めないことが肝心です。早めに行動を開始しましょう。

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント