転職のデメリット

転職エージェントランキング

転職のデメリット

転職のデメリット

転職にも当然、メリットと共にデメリットも存在します。転職をするときに重要なのは、このメリットとデメリットのバランスなのです。メリットがデメリットを上回れば、転職に積極的になりますが、逆なら転職をあきらめるのは、当然のことです。ここではデメリットについて、代表的なものをいくつか紹介して行きましょう。

 

個人としての信用力の低下

数回の転職ならば問題ありませんが、転職を多く繰り返していくと、個人的な信用も低下していきます。具体的には、住宅ローンが借りにくくなったりするケースもあります。転職というのは、当然失業のリスクもあります。また転職を繰り返すというのは、その人物に何か問題があるのではないかという疑念をもたらします。正社員で定職についていれば、当然返済能力が高いと判断されますが、もちろん他の要素も総合的に判断されます。貸す側も、貸し倒れのリスクは避けたいものですから、信用力が低い人には、お金は貸しにくくなります。実際に転職で年収が下がり、返済が困難になるケースもあるからです。

 

将来的に住宅ローンの借入などを考えているのならば、この辺りは頭の隅にでも入れておきましょう。

 

生涯年収が低くなる可能性がある

一般的に見て、転職回数が多くなるほど、生涯年収は下がる傾向があります。良い条件を求めて転職をするのに、この結果は不思議に思うかもしれません。もちろん中には生涯年収が大幅にアップする人もたくさんいます。特に外資系企業では、条件アップを勝ちとりながら、転職を繰り返す人もいます。優秀な人なら、ヘッドハンティングされて、好条件で迎えられる人もいるでしょう。

 

しかし全体的に見れば、転職回数と生涯年収は反比例することも事実なのです。確かに一つの会社で長く働き続ければ、年齢と共に収入もアップし、役職もつくかもしれません。まじめにしっかりと仕事をしていけば、会社が倒産などしない限り、ある程度の生涯年収は保証されてるも同然です。

 

しかし転職を繰り返していると、転職時の条件が良くても、その後伸び悩む傾向があるのです。その理由の大きなところは、入社年次による、同じ会社での経験の少なさです。もし同程度の実力の人間が二人いた時に、一人は新卒で入社、もう一人は中途で入社3年目となったら、多くの場合は前者のほうを評価するでしょう。転職でのし上がるというのは、このようなハンデを覆すだけの気概が必要なのです。

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント