職歴に応じた目標を設定し、無理なく転職活動をしよう

転職エージェントランキング

正社員への道のりは険しい?

正社員への転職は難しいのか? 成功率を上げる方法はこれだ!

 

現在正社員の人が転職を考えるとしたら、転職先でも正社員になることを望むケースがほとんどでしょう。フリーターなどの非正規労働者にも、いつか正社員になることを考えて努力している人は大勢いると思われます。

 

しかし日本では、正社員への転職はとても難しいとされています。元が非正規の場合はもちろんですが、正社員から正社員への転職も決して簡単ではありません。ここでは、日本の転職希望者がぶつかる問題と、転職成功率を上げる方法についてまとめました。

 

新卒至上主義と解雇の難しさが転職を阻む

 

日本では、正社員は新卒で採用して育てるべきという考え方が根強くありました。これが新卒至上主義です。近年では、労使ともに考え方が変化してきたため、優秀な人材であれば中途でも採用するという企業は増加傾向にあります。それでもなお、新卒以外は極力採用しないという企業は存在しているのです。

 

新卒至上主義は、転職希望者にとっては大きな壁です。企業側に中途採用をする気がない以上、そもそも転職者向けの求人が出されないからです。自分の経験をどれだけアピールしたくても、機会がなければ実行はできません。

 

また、正社員という雇用形態そのものが、転職を難しくする理由にもなっています。法律上、正社員には雇用期間の定めがありません。さらに、重大な背任行為や法律違反などの理由がない限り、そう簡単に解雇できないようになっています。つまり「空席」が生まれにくいのです。

 

正社員が自分からどんどん退職するような会社は別ですが、そのような会社は労働環境が悪いと想像がつきます。あえて入社するほどのメリットはないでしょう。入社する価値のある会社ほど、席がなかなか空かないのが現状です。

 

自分の強みを活かせる会社なら成功率は上がる

 

では、そんな限られた椅子に座るにはどうすればいいのでしょうか。一旦自分から離れて、企業の採用担当者の立場になって考えてみましょう。中途採用の求人の多くは、社員の急な退職などによって生まれた「穴」を埋めることを目的にしています。緊急性が高いからこそ、即戦力として期待できる人材を求めているわけです。

 

そういった求人は、「こんな人材がほしい」という条件が明確になっているはずです。条件に見合った人が応募してくれば、即採用になる可能性も高いでしょう。つまり、自分の強みと会社の出す条件が合致することが重要なのです。

 

自分の強みは、案外理解できていないものです。まずは自分の現状を知ることから始めましょう。履歴書と職務経歴書を作れば、大体のことはつかめます。慌てて書いてもいいものはできませんから、自分を再分析するつもりで時間をかけて作るべきです。年表形式で書けば「いつ何を経験したのか」ということがわかりやすくなるのでお勧めです。

 

業種や職種にこだわりがなければ確率は上がる

 

次は、あえて今までの経験にこだわらない転職を考えてみましょう。求人の中には、初心者歓迎・経験不問を謳っているものもたくさん存在します。強みを活かそうとして同じ業種・職種にこだわるよりも、違う道を目指した方が結果的に難易度が下がるケースもあるのです。

 

中途採用者の場合、例え業種・職種を変えたとしても、経験のすべてが無意味になるわけではありません。社会人としての基本的なマナーや考え方は身についているでしょう。新卒者に比べれば、ずっと世の中のことを知っているはずです。企業からすれば、基礎教育の手間も省け、より短期間で戦力化することができます。

 

いわゆる「潰しの利く」人材は多くの企業で必要とされます。仕事をやっていればいずれ身につくであろう専門知識よりも、汎用性に富んだ能力を重視する企業もあるということです。コミュニケーション力や論理的思考力、マネジメント力に自身のある人は、異業種・異職種への挑戦も視野に入れておきましょう。

 

非正規社員からの転職はこだわりを捨てよ

 

元が正社員であれば、転職にある程度の高望みをすることは許されます。前職よりもいい条件で雇用されることは珍しくありません。問題は、フリーターなどの非正規社員が正社員を目指す場合です。こちらは一気に難易度が高くなります。

 

はっきり言えるのは、こだわりを捨てた方がいいとうことです。「非正規から正社員になる」ということ自体が大きな待遇の向上ですから、それ以外の条件を求めるのは厳しいと言わざるを得ません。

 

もちろん、今の職場と同じ業種・職種の方が転職しやすいのは確かでしょう。しかし、同じ条件であれば正社員経験者の雇用が優先されるはずです。転職を成功させるには、数をこなすしかありません。余計なこだわりを持たず、面接を受け続けることが大切です。

 

非正規でいる時間が長いと、転職の難易度も比例して上がります。非正規は重要な仕事を任されにくいので、同じ経験年数なら正社員より確実に下に見られます。時間だけは取り返しがつきませんから、早め早めに行動しましょう。

 

正社員への転職は自分の立場に応じて作戦を変えよ

 

希望者すべてが正社員になれるのが一番いいのですが、現実はそう簡単ではありません。偶然条件に合致する企業を見つけて上手くいった人もいれば、強いこだわりを持ち続けて失敗する人もいます。それは必ずしも本人の能力のせいとは限らないのです。

 

やり方さえ間違えなければ、正社員への転職は、決して低くない確率で成功します。どれだけがんばっても転職が上手くいかないという人は、一度立ち止まって作戦を練り直しましょう。無料の転職支援サイトや、転職エージェントサイトに登録するのもいい方法です。気持ちを入れ替えて活動に取り組みましょう。

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント