フリーターから正社員になるためには

転職エージェントランキング

フリーターからでも正社員になれる! 成功への近道

フリーターからの脱出

 

30歳を過ぎてもまだフリーターや派遣社員だと、将来の不安はつきまといます。安定した生活を送るためには、正社員の方が断然有利です。優れたスキルや十分な経験があれば正社員を目指すことはできますが、「そんなのがないからフリーターをやっているんだよ!」という声も多いのが現実です。

 

日本は今なお新卒者優先の社会ですから、フリーターや無職の人が正社員を目指すのは、新卒者と比較すればやはり不利といわざるをえません。会社によってはフリーターもしくは無職というだけで、書類選考をパスできないというケースも少なからずあります。

 

しかし、フリーターから正社員になった人も大勢います。転職成功者の多くは、手当たり次第に求人に応募するのではなく、採用の可能性を高める活動を行っています。企業の側も、少子高齢化が進む中で、優秀な人材の発掘に力を入れるようになってきています。フリーターから正社員になれる人は、何が違うのでしょうか。

 

正社員経験者よりは厳しい道。職務経歴書は徹底的に作る!

企業に就職する際、大抵の人は正社員になることを目指すでしょう。しかし現実には、すべての人に正社員の椅子が用意されているわけではありません。これはその後の人生にも大きな影響を及ぼします。経緯はどうあれ、「正社員として働いた経験がない」という枷がつけられるわけです。

 

フリーターと正社員の間には、給与を始め多くの格差が存在します。その中でも、転職活動で問題になるのが経験値の格差です。フリーターは正社員に比べ、責任ある仕事・重要な仕事を任されにくい立場です。そのため、企業に対してアピールできる点がどうしても少なくなるのです。

 

採用する側もこのような感覚でいますから、フリーターというだけで「どうせ大したことはやってきていないだろう」と思いがちです。まずはこの認識を覆すことが重要になります。

 

そこで、求人に応募するときは、履歴書だけでなく職務経歴書を作成しましょう。これは、自分が今までどの企業で何をやってきたかを細かく書いたものです。採用担当者が見ているのは、履歴書よりもむしろこちらです。フリーターはただでさえ経験値の面で不利なのですから、アピールできそうなことは徹底的に書き切りましょう。

 

もし余裕があれば、使えそうな資格をとっておくのも有効です。大昔に資格を取ったきりでペーパードライバー状態だった人に比べれば、最近取得した人の方がアピールポイントになりえます。目指す企業で何の資格が役立ちそうか調べてみましょう。

 

現実と可能性を知ることがカギになる

けれど不利ではあってもけっして不可能ではありません。ですから、まず、こうしたきびしい現実と小さくない可能性を、正しく認識しておく必要があるでしょう。自分が不利であることを覚悟して、同時に夢と希望をもって就職活動に臨むことがなにより大切なのです。

 

実際の就職活動にあたっては、前もって面接対策を準備しておくことが、やはり必要になります。書類選考をパスして面接まで進んだ場合でも、フリーターや無職の人は、どうしても先入観をもたれてしまいます。面接官が色眼鏡で対応するというケースが多いのです。

 

あなたはなぜ、今までフリーターだったのですか、どうして無職でいたのですか」という質問は、必ずされると考えておいたほうがいいでしょう。そこで、面接の際に「自分はここがウリです」という明確な自己アピールができるように、十分な準備をしておくこと、それが成功への鍵です。

 

経験を活かせる仕事を選び、自分の売りをはっきり伝える!

 

準備ができたら、次は転職先の企業を選びます。狙い目は当然、フリーター時代の経験が活かしやすい企業です。流通なら流通、小売なら小売。職種も業種も一致していれば、成功率はかなり高くなります。

 

また、求人で「未経験可」「経験不問」となっている企業にも目を留めましょう。これは誰でも新卒と同じ条件で扱ってもらえますから、フリーターの弱点が一つ消えます。ただし逆に、企業が何を求めているかはよく研究しましょう。経験を問わないということは、企業が見たいポイントが他に必ずあるからです。

 

面接では、職務経歴書に書いてあることが間違っていないかを細かくチェックされるでしょう。何でもハキハキと答えられるよう、想定される質問と回答を整理しておくことが大切です。面接での態度が、職務経歴書の内容に信憑性を持たせてくれるのです。

 

もちろん、アルバイト先や派遣先の企業で正社員登用を目指すのも悪くありません。長年いた職場ですから、即戦力として扱ってもらえるのは間違いないでしょう。登用制度があるのかどうかは、事前に確認しておくべきです。正社員が退職して人手不足になったときは絶好のチャンスですから、逃さずアピールしてみましょう。

 

フリーターにもいろいろなケースがある

もう一つ、同じフリーターでも、一度は会社で新入社員として働き、なんらかの事情で退職したという人と、一度も社員経験がないという人とでは、またちがう見方をされるわけです。ですから、社員未経験の場合は、より高いハードルを越えなければならないと考えたほうがいいでしょう。

 

だからといって、あきらめは禁物。ハードルは高いといっても、けっして飛び越えられない高さではありません。「その高いハードルを越えるために、それ以上の高いモチベーションと十分な準備が必要だ、がんばろう」と考えるべきです。オリンピックの高飛びの選手も、人の何倍もの練習をして、人より高いバーを越える力をつけているのです。

 

準備の中には情報収集もあります。これも大切な要素です。自分のやりたいこと、進みたい道などが見つかっている場合は、その業界や職種に関する情報を、事前にできるだけ多く収集することをお勧めします。それは必ず面接に生かされますし、また将来にも生かすことのできる財産となるのです。

 

転職エージェントを頼るのも1つの手段

 

転職活動が上手く行かなかったり、周囲に相談できる人がいない場合は、転職エージェントを頼るという手段もあります。大抵は無料で相談を受け付けてもらえるので、気軽に連絡することができます。

 

転職エージェントは、ただ仕事の紹介をしているのではありません。履歴書の作成や面接の心構えなど、転職に関わるあらゆることを指導してくれます。特に「ずっとフリーターなので就職活動をしたことがない」という人にとっては誰よりも助けになる存在です。

 

また、フリーターはとにかく面接にたどり着くのが大変です。フリーターと正社員が同じ求人に応募すれば、正社員が優先して採用される可能性はかなり高いでしょう。書類選考の時点でフリーターは弾かれてしまうというケースも少なくありません。未経験可の求人であってもそれは同じです。

 

つまり、フリーターが正社員になるには、能力さえあれば前歴は問わないという企業が望ましいわけです。しかし、そういった企業を個人の目で見抜くことはとても困難です。そこで頼りになるのが転職エージェント。企業の内部の状況も把握していますから、フリーターでも構わないという求人を抱えている可能性は十分にあるのです。

 

フリーターが正社員を目指すにはまとめ/自分の資格・能力・経験を詳細にまとめ、企業にアピールせよ!

 

長い間フリーターだった人は、自己評価が低くなりがちです。どこに行っても自分は受け入れてもらえないのでは……と諦めてしまう人もいます。しかし、自分の経験を書き出してみると、案外馬鹿にできない量になることは珍しくありません。

 

かつては転職エージェントも、正社員経験のない人の受け入れには消極的でした。しかし今では事情が変わっています。それだけ若い労働者が減ってきているということなのです。例えフリーターであろうと、優れたものを持っている人は正社員になれる見込みがあります。まずは自分にできることをまとめて、転職活動を始めてみませんか。

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント