転職回数や理由で転職活動はどう変わる?

転職エージェントランキング

転職回数や理由について

転職回数と理由

一般的に、転職回数が増えるほど、転職に不利になると言われています。転職希望者の側なら当然、キャリアやスキルを公平に見てもらいたいと言いたいところですが、企業の採用担当者の立場で捉えれば、その理由はよく分かると思います。

 

企業の採用活動には、当然ながら多大なコストと労力がかかります。採用の場面では、募集のための広告費、選考活動にかかる人件費。さらに、採用が決まれば、新規採用者のために備品を調え、初期研修のための費用や労力を払わなくてはなりません。もし、多大なコストを注いだ新規採用者が、入社後すぐに辞めてしまったらどうでしょうか。採用のために払ったはずの費用がそのまま、企業の損失に変わってしまいます。採用担当者には、こうしたコストに代えて、少しでも会社に貢献してくれる人材を獲得し、会社の収益に還元する責任があるのです。

 

どんな企業でも、人材を採用するからには、できるだけ長く働いて、会社に貢献してほしいと考えています。したがって、履歴書にいくつもの転職の経歴があると、採用担当者はまず「うちで採用してもやはりすぐ辞めてしまうのではないか?」と考えます。特に頻繁に転職を繰り返しているとわかれば「何か本人に問題があるのではないか?」などと、ネガティブな印象を抱かざるを得ません。

 

こうした背景から、転職回数は選考の際、重要な基準となります。採用面接に進む以前に、書類選考で不合格となることは決して珍しくないのです。

 

転職の理由は必須

とはいえ、採用担当者も単に転職の回数だけで判断するわけではありません。転職の理由によっては、たとえ転職を重ねていてもネガティブな評価を受けないケースも当然あります。例えば、以前の会社が業績不振で倒産したり、組織的な合理化に伴う人員整理に遭ったりと、やむを得ない事情で転職した方もいるでしょう。あるいは親会社からグループ会社へ出向を命じられ、最終的に転籍という形で所属先を移った、というように、あくまで形式的に転職したというケースもあるでしょう。このように、本人の責任を越えた、会社都合に起因するタイプの転職なら、それ自体がネガティブに捉えられるとは考えられません。

 

逆に、会社の経営状態や人事命令とは関係なく、自らの意志で転職を繰り返している場合には、やはり過去の転職の回数がマイナスの評価を受ける可能性が高くなります。そのような経歴のある方は、「なぜ転職を繰り返しているのか」と問われた際に、ポジティブに捉えられる明確な理由が必要です。

 

企業ごとの就業年数も重要

過去の転職の回数だけではなく、それぞれの企業で何年間ずつ就業したのかも、採用の基準となる重要なポイントです。短いスパンで頻繁に転職を繰り返していると、どうしても本人の能力や就業姿勢に疑問を抱かざるを得ないのです。もし同じ条件の人材が複数いたとして、一方は前職に3年留まり、一方は1年も留まっていなかったとしましょう。採用担当者としてどちらの能力を信頼するかは、言うまでもないと思います。「石の上にも三年」とは言いますが、どんなに短くても一つの企業で3年程度は勤め上げ、しっかりとキャリアを積んだ上で、転職を考えるのが現実的だと言えます。

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント