ハローワークでも転職活動は可能

転職エージェントランキング

ハローワーク

ハローワークと正社員求人サイト

ハローワークとは、正式名称「公共職業安定所」といい、一般的に「職安」とも呼ばれています。その名の通り、職業を安定させるための行政機関で、厚生労働省が管轄しています。民間の転職エージェントとは異なり、雇用を確保することを目的とした機関です。

 

リストラや倒産により職を失ってしまった人や、その他の失業者にとっては、新しい職を探すための強い味方ともいえます。ハローワークは失業したら行くところ、失業者が通っている場所、というイメージを持っている人も少なくないはずです。確かにテレビなどのメディアで不況になると必ずと言っていいほど、失業者に溢れたハローワークが放映されている事が多いですしね。しかし、通常の転職エージェントと同じように、企業や求職者向けのサービスも提供している場でもあります。

 

ハローワークでは失業後に、失業給付金の申請ができたり、次回の就職までに離職期間が発生する人は必ず利用するべきです。転職活動の強い味方になってくれることは間違いありませんので、詳しく知っておいたほうが自分のためにもお得です。

 

ハローワークのメリットとは

ハローワークのメリットとして、大きな点は採用する企業側にとって有利になるというところです。採用する側に立って考えてみてください。通常、企業が求人を募集する際には、求人を出す広告費用がかかります。この費用は決して安い金額ではありません。また転職エージェントを通して採用活動を行うと、採用になった場合手数料として求職者の年収2割から3割分を報酬として支払う必要があるため、採用する側も厳しい目線で求職者を選ぶ事になります。

 

しかし、ハローワークでは、求人募集をする企業側は採用コストをかけずに採用活動ができるのです。そのため、採用に対するリスクもそこまでありません。人事担当者や経営者も、採用コストがかからない分、採用に対しておおらかに考えるようになるため、採用の基準もそんなに高いハードル基準にしません。結果として、ハローワークでは採用されやすい求人が多いともいえるでしょう。

 

採用にコストがかからないという点から、そこまでコストをかけられない中小企業がハローワークに求人を出している事が多くあります。中小企業といっても、最近では誰もが知っているメーカーやブランド製品の部品や、それを作る特殊機械を製造しているような高い技術を誇る企業もあります。また、世界を相手に展開している優良な中小企業も多く存在しています。このような素晴らしい技術を持つ、隠れた優良企業を見つけるためにも、ハローワークをうまく利用することは大きなメリットと言えます。

 

また、地元で働きたい人にとっても、優良な中小企業をみつけるチャンスがあるともいえます。

 

ハローワークのデメリットとは

ハローワークに求人を掲載しても、募集に応募する人材の質があまり適切ではない、スキルが足りないと感じている採用側の企業があることも事実です。ハローワーク以外に、採用コストをかけて、求人サイトや転職エージェント利用している企業の場合、どうしても人材を比較せざるを得ないからです。

 

このようなデメリットは、ハローワークで紹介された人材のスキル不足や質の低さが問題というよりも、ハローワークが、人材と企業のマッチング作業をしないために、企業が求めている人材の需要と供給が合わないという問題が発生してしまうのです。

 

ハローワークでは求職者が応募したい企業に対して誰もが応募可能なので、採用する企業から見れば、求人条件を満たしていない人材からの応募も多く集まってしまう事があるのです。書類選考を通過し、面接の日程調整をした後でも、当日に現れなかったというようなケースも少なくないようです。

 

このような事が重なると、採用する企業側にとってハローワーク経由での求人はあまりよくない、とネガティブなイメージを持ってしまいがちなのかもしれません。他にも、いくら求人に対するコストがかからないといっても、ハローワークには求人の掲載をしていないといった企業も数多く存在しています。

 

地方の中小企業はハローワークを利用している割合も高いのですが、逆に都市圏内では、求人自体の市場がビジネスとして成り立っているのでハローワークの利用率が低くなるのも事実です。地元に密着して、地元で働きたいという人にはハローワークを利用するのは有利になると思いますが、ハローワークに頼りきりの転職活動をして、なかなか自分に合う求人が見つけられないということもあり得ます。

 

また民間のサービス業ではなく、あくまでも行政機関なので、受けるサービスが人によっては不満に思う人もいるかもしれません。

ハローワークと転職エージェントなら正社員転職はどっちがいいのか?

 

転職活動をする多くの人が利用しているのがハローワークです。失業保険の申請などでもお世話になるため、会社をやめた直後に訪問し、そのまま求人を探すということもよくあります。近年では、インターネットを使って自宅からでも求人を探せるようになったため、昔に比べて使い勝手もよくなりました。

 

一方で、リクナビやマイナビをはじめとする就職・転職支援サイトも勢いを伸ばしており、無視できない存在になっています。リクナビやマイナビに登録して転職を成功させたけど、ハローワークは求人検索さえしなかった、という人もいます。

 

ハローワークの実態はどんなものなのでしょうか。また、正社員になることはできるのでしょうか。ここでは、ハローワークを利用した転職活動についてまとめました。

 

ハローワークの求人は、数は多いがカラ求人の可能性も

 

ハローワークの最大の特徴は、求人数の多さです。転職支援サイトには掲載されないような、地域の小さな企業の求人まで網羅しているからです。すべての人が大企業への転職を考えているわけではありませんし、ハローワークにしか出ていない求人もたくさんありますから、見る価値はあるといってよいでしょう。

 

しかし、ハローワークを利用する上で注意しておきたいことがあります。それはカラ求人の存在です。実際には雇用する気がないにも関わらず出されている求人をカラ求人といい、ハローワークでは以前から問題になっています。

 

なぜカラ求人が発生するのでしょうか。その原因は、企業がハローワークを利用する上での条件にあります。ハローワークの利用には費用がかからず、さらにハローワーク経由で採用を行うと助成金がもらえるのです。そのため、必要がなくても求人を出しておき、本当に有望な人が応募してきたときだけ採用+助成金獲得という手が使えるのです。

 

カラ求人を見抜くためには、求人の内容をよく確認する必要があります。たとえば、従業員の数に対する応募人数の比率。10人しかいない会社で2人も3人も同時に募集するのは不自然です。また、一年中求人を出している企業も、本当に採用する気があるのか疑わしいといえます。

 

その他にも、求人の内容に矛盾点・不自然な点があれば、気をつけた方がよいでしょう。ハローワークにいわれて仕方なく求人を出している場合もあるので、すべてのカラ求人が悪意によるものとはいえないのですが、応募する側にとっては同じです。実のある活動をするために、カラ求人は回避しましょう。

 

転職エージェントとの違いは、サポート内容の充実具合

 

ハローワーク以外で転職希望者が利用するものとしては、転職エージェントがあります。これは希望者に専任の担当がついて転職を支援してくれるサービスで、近年では利用者も増えてきています。

 

ハローワークとの違いはいくつもありますが、その1つはカラ求人がまず存在しないことです。企業は転職エージェントに求人を出し、エージェント経由で採用を行った場合、手数料を支払います。ハローワークとは逆の立場です。つまり本気で採用するつもりのある企業しか求人を出さないので、カラ求人は発生しないのです。

 

また、転職エージェントを利用する企業は、ハローワークの求人に比べて細かい条件を出している傾向にあります。選考の手間をエージェントに肩代わりしてもらうことで、より希望に合致する人材を採用したいと考えているからです。専門的な知識や経験を持っている人は、エージェントを利用した方がよりよい求人に出会える可能性があります。

 

転職エージェントの側も、企業からの依頼に答えるために、転職希望者のサポートを全力で行います。履歴書や職務経歴書の添削、面接のロールプレイング、その他細かい相談など、いろいろなことをやってくれます。これはハローワークでは受けられないサービスです。

 

さらに、エージェントは1つの求人に対して必要以上の人材を紹介しません。落ちる人が増えるだけだからです。結果として、希望者の側も高い確率で就職することができます。この点も、不特定多数が応募するので競争率が高くなりやすいハローワークとの違いです。

 

逆にいえば、求人の選択肢はある程度限られます。エージェントとの接触も、いつでも自由にできるわけではありません。制限なく自分で自由に職を探したいという人は、ハローワークの方が活動しやすい場合もあります。

 

地元の中小企業をたくさん受けたい人はハローワーク向き

 

ハローワークは、自分で求人を探して自由に応募できるのがメリットです。多数の求人があることを考慮すると、とにかく数をこなしたい人に向いているといえます。地元の中小企業で就職したいと考えている人にもおすすめできます。

 

一方で転職エージェントは、自分のキャリアを活かして就職したい人に向いています。今の会社より上の待遇を求めている人にもおすすめできます。成功率の高い企業に絞って面接を受けられるので、活動の負担が小さくなるのもメリットです。

 

なお、転職エージェントもハローワークと同様、登録は無料です。WEBから登録が行えるので、興味のある人はアクセスしてみましょう。

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント