女性の転職・再就職の現況を紹介

転職エージェントランキング

女性の転職・再就職をめぐる環境について

女性の転職

転職を希望し、実際に就職活動をしている女性から、「企業は子育て中の女性を敬遠していると感じる」という声を多く聞きます。たしかに、求人広告などには書かれていないのに、面接のときに「結婚していますか。子どもはいますか」と質問されることが驚くほど多いのは、企業が女性の生活環境を重要視している証左といえるでしょう。

 

家庭のことがネックになって…

女性の側からすれば、そうした生活環境を前提に、仕事との両立が可能だと判断したからこそ応募したわけです。ところが企業側は一方的に「家のことが仕事に影響するのではないか」と心配し、女性を敬遠してしまいがちなのです。企業は男女を問わず、有能有益な人材を積極的に受け入れる体制をとっていながらも、現実には生活環境の変化や、実際の家事・育児に束縛されにくい男性を優先している、というわけです。

 

他方で、子育て中の女性が、時間や働く日数を自分の都合にあわせやすいパートやアルバイトを選択するケースが、多くみられます。これは企業にとっても好都合です。では、家庭を持ち、子どもを持っている女性にはパートやアルバイトの仕事しかできないのか。答えは「ノー」です。あきらめる必要はまったくありません。転職・再就職を望む女性におすすめの「就職活動のコツ」があるのです。たとえ中高年の方でも、その年齢にあった就職活動があります。あきらめないで、ぜひ積極的に行動して、「就活のコツ」をゲットしてみてください。

 

主婦の求人探しでは3つのポイントを重視しましょう

最近は働きたいと考える主婦が増加しています。主婦業と仕事を両立している女性なども増えているようですが、主婦が実際に働く場合には様々な問題が生じることもありますので注意が必要です。今回は主婦が転職先を探す際に重視したい3つのポイントについて紹介しますので参考にしてみてください。

 

自分の生活に合わせた職場探し

まずは勤務時間に注意が必要です。主婦の場合には仕事と家事や育児を両立させる必要がありますので、仕事だけを重視するというわけにはいきません。特に

注意が必要なのは残業

についてです。シフト制を採用している求人などでは実際に採用された場合の勤務時間などを事前にしっかりと確認しておくことが必要になります。また「夕方5時まで」という求人に応募して採用されたのに実際には残業が多くて帰りはいつも8時以降だという場合などもあるようです。特に家庭の事情などがある人は実際の勤務時間について面接の際などにしっかりと確認するようにしてください。

 

次に休日について確認しましょう。最近では週休2日制を採用する企業が多いのですが、実際にはこれについても注意が必要です。法律上は週に2日の休日を月に1度でも付与すれば週休2日制度を採用していると認められることになります。週に2回の休日を毎週保証している企業で働くことを希望するのであれば「

完全週休2日制

」としている求人を探すことが必要なのです。

 

最後に出産や子育てなどの支援制度についてチェックしてみてください。今は子供がいない主婦であっても将来は出産や子育てを経験する可能性が高いはずです。具体的な支援制度については

出産育児休業制度や時短制度

、また保育室等の有無などをしっかりと確認しましょう。

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント

女性の転職・再就職をめぐる環境について/正社員転職エージェントおすすめランキング関連ページ

女性の転職理由
転職活動の準備
女性のキャリアアップ転職
働きやすい転職先
役立つ資格
正社員を目指した転職