登録した転職エージェントのコンサルタントと合わない場合

転職エージェントランキング

コンサルタントは強い味方なので自分に合ってないと困る

転職エージェントのアドバイス

転職をしようと、考えて転職エージェントなどに登録しても自分が希望するような就業場所に行けなかった時は、自分や、専任のキャリアコンサルタントに問題があったかもしれないでしょう。通常、転職をしようと考えて転職エージェントに登録すると、スタッフの方が求人情報の確認や、連絡をしてくれますが、行きたい職種が定まっている自分の方にはその業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが最適なキャリアプランを一緒に考えてくれるので、自分の強みや弱みを整理して自分に合った転職先と方向性の明確化を考えてくれますよね。

 

転職に必要なことはしっかりコンサルタントに伝える

ですが、専任のキャリアコンサルタントと自分が面談や相談をする際に、就業していた場所などの経歴の愚痴は言わないようにしましょう。これは、相手がキャリアコンサルタントや、キャリアアドバイザーな為、安心してすべてを言いたい気分になる方が多いかもしれませんが、面談や相談の場は、自分の転職理由や、退職理由や経緯などはすべて筒抜けになるので、誰が聞いても不利な理由での退職や、転職は、次の転職場所へ応募する際に不利になるからです。あくまでも、面談や相談の場はキャリアアドバイザーや、キャリアコンサルタントの方が、企業に推薦出来るようにしてくれる選別の場と考えた方が、自分にとって転職しやすい経路を作りやすいでしょう。

 

コンサルタントと合わない場合は変更することも可能

また、キャリアコンサルタントや、キャリアアドバイザーが自分に合わないと感じる場合は、申請をすると対応してくれる場合がほとんどですが、別の方に変わるのは、転職エージェント内で自分の情報共有を行う為、マイナスな点の情報も引き継がれると考えた方が良いでしょう。人間と人間の間でその業界の専任がキャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーと、面談をする訳ですから、アドバイスが合わないと自分が感じる行為は相手も感じる行為であると思うので、多少社内でマイナスな自分の情報共有が耳に入ったとしてもそこは頭に入れながら動くしかないといえます。目的はあくまで転職に成功する事であると思うので、キャリアアドバイザーや、キャリアコンサルタントの方が合わなくて多少マイナスな情報共有があったとしても、2人目の方に変わる時は、きちっと専任のキャリアコンサルタントの方になってもらえるように、自分が行きたい職種の説明はきちっと伝えるようにした方が、自分に合うキャリアコンサルタントに変えてもらえるので、おススメといえるでしょう。

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント