転職エージェントの活利用法を紹介

転職エージェントランキング

転職エージェントを活用した転職活動の流れ

転職エージェントの流れ

転職する際、最近では転職エージェントと呼ばれる代理人兼相談人が活動をサポートする仕組みが主流となりつつあります。スムーズに転職活動を行ううえで、プロの力を借りながら納得のいく結果を得るためにまずは活動の流れを頭に入れておきましょう。

 

転職エージェントは厚生労働省が認めた職業紹介と斡旋をする民間サービスです。一昔前で言うと人材紹介会社といってもよいでしょう。前職を退職し内定を経て新しい仕事に就くことは、個人の力では時間も労力の限界もあります。無職期間をもうけたくないためにも、前職に在籍している最中に話をつけておきたいと思っている人々にとっても、代理人として動ける転職エージェントの存在は心強いものです。また、求職者が費用を支払う義務はなく、無償でサポートしてもらえます。転職エージェントは実際企業と求職者とのマッチングがうまくいった際、はじめて報酬を得ることが出来るのです。では、実際の活用方法を追ってみましょう。

 

登録

まず転職エージェント会社に登録する作業から始まります。面接を受けたい企業に出すのと同じような内容の項目を提出します。名前、住所、電話番号、生年月日や学歴に職歴、これらは履歴書の必須事項と同等のものです。転職活動ではどの企業にも共通の提出事項になるので、あらかじめエクセルやワードにまとめてコピーとペーストが出来るようにしておくと無駄な時間を省くことが出来るでしょう。更に自分のアピールポイントとして、所持資格や英語スキル、また細かい職務履歴などもあれば尚相手がこちらの希望する求人を探す手がかりとなります。

 

申し込み登録が済むと、エージェント側から連絡が入ります。すぐに面談日程を決める場合もあれば、希望の求人などを検索して求人状況をリアルタイムで教えてくれる場合もあります。事前に大方の内容を教えてもらえる場合、エージェントとの面談の際に聞きたい事項などを更に細かく詰めておくことが出来るので、面談の前にそれが可能かどうか聞いておいて損は無いでしょう。

 

面談

予約が取れたら実際に面談となります。人材紹介会社が近辺にない場合には電話での面談も受け付けてくれるところが多いです。面談する転職エージェントは、業界や職種に精通しており、求職者が希望する企業ややりたい仕事内容、またどのような技術やノウハウがありそれを活かしてどのような仕事が出来るのかを一緒に考えてくれます。それまで培ったキャリアを更にステップアップさせるための転職としてのキャリアプランの相談者となってくれるのです。個人で自己分析をするとなると、視野も狭くなりがちです。客観的な意見やアドバイスによって新しい可能性が見えてくることもあるのです。

 

マッチング

丁寧にすり合わせをした後、求職者が最大限に能力を発揮出来る企業をマッチングし、紹介します。そしてその企業から内定を取るための対策を一緒に遂行していきます。希望業界の動向や現場の環境など、生の情報を提示してくれるのも転職エージェントを活用するメリットと言えます。

 

応募する企業を決定した後は、転職エージェントが求職者の代理として推薦します。推薦を受けた企業から面接日程などのスケジュールを調整するのもエージェントの仕事となります。また、その間採用の進み具合や内定が取れそうな面接対策によって更に求職者を内定へと導きます。模擬面接書類の書き方などを指導してくれる人材紹介会社もあるので、受けられるサービスの可否は聞いておき出来るだけ活用していくとよいでしょう。

直接聞きにくい年収のことや入社日の希望、または条件なども代わりにエージェントが行ってくれるのでこちらが気を遣う必要もありません。

 

無事に内定が取れたらそれで終わりと言うわけではありません。現職の退職をスムーズに行うための手続きのアドバイスもしてくれます。スムーズに退職し立つ鳥後を濁さずです。晴れて新しい職場で新しい人生の再スタートとなります。

 

 

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント