転職エージェントとどう接すればスムーズに転職活動が進むのか

転職エージェントランキング

まずは面談の際には本音を伝えよう

転職エージェントと上手に付き合うには

人材紹介会社に登録すると、まず転職エージェントと面談することになります。ここで自分の転職理由や希望する条件等をしっかりと伝える必要があるのです。初めて面談をする際にはとても緊張するものです。しかし、転職エージェントと面談をする際には、例えネガティブでも本音を伝えることにより、自分の仕事に関する考え方についてしっかりと理解してもらう必要があるのです。

 

何故なら、転職を考えている人の中には、一体自分がどんな仕事に就きたいのか、転職するに当たっての心構え等の準備ができていない人が多いからです。自分の将来のキャリアプランについて考えながら仕事に取り組んでいる人、業界の将来性や明確なビジョンを持っている人というのはごく僅かなのです。今与えられた仕事をただこなすだけでは、仕事に対するやりがいを感じることや、将来的な構想図を描くことは難しいでしょう。また、勤めていた企業で得られる情報だけでは業界全体の動向について把握することは不十分なのです。

 

転職するにあたって自分の仕事に対する意識やキャリアプランが確立していないという人は、まずプロである転職エージェントに相談して、自分について客観的に評価をしてもらうのが良いでしょう。面談の際に「ネガティブなことは言わない方が良いのか」「自我が強過ぎると転職に不利かも」と考える必要はありません。 自分の本音を正しく伝え、理解してもらうことにより、自分に合った転職先を紹介して貰うことができるものなのです。

 

転職エージェントは敵か味方かについて

転職エージェントは、企業と求職者のどちらの立場により沿ってくれるのでしょうか。転職エージェントは、企業とのパイプも太く、転職をサポートする一方で求職者の情報を伝えるという役割も果たしています。パソナキャリアやDODAといった人材紹介会社によっては、企業側に接するスタッフと、求職者側を担当する転職エージェントをそれぞれ分けているところがあります。基本的には、転職エージェントが求職者のサポートをする場合には、求職者側の味方といってよいでしょう。

 

例えネガティブなことでも、自分に都合が悪くなることを恐れて我慢するよりも、本音で話すことにより問題部分を洗い出すことができて、良いのです。結果的に何が解決されればよいのかが判明すれば、その人に適した企業を見つけることができます。ネガティブと言っても誹謗中傷とは違います。転職エージェントと信頼関係を築くことも転職を成功させる為の大切な秘訣なのです。

 

また、面接の際にはプロの目で客観的に自分のことを評価してもらうことは、自分の為にも良いことなのだと思いましょう。もし欠点等を指摘されても、自分の為だと思って真摯に受け取り、改善していくことが大切です。初めて転職活動をする人にとっては、ノウハウが全く分からないことだらけですので、まずは転職エージェントに素直に思っていることを話してみましょう。第三者に話すことで、段々と自分の考えがまとまることもあるものです。

 

また、転職エージェントとは相性の問題もあります。最初に登録した人材紹介会社での転職が成功しなかったとしても、決して落ち込むことはありません。自分のキャリアプラン・転職理由・仕事についての意欲がはっきり見えたところで、次の人材紹介会社を利用すれば良いのです。転職活動にも慣れが必要なのです。

 

転職エージェントは確かに仕事として転職サポートをしているのですが、やはり人間ですので、自分が担当した人が転職に成功したり、やりがいを感じる仕事に就けたことでとても喜びを感じているはずです。人の人生の転機の際に立ち合い、感謝されることに対しての 誇りを持って仕事をしているのです。安心して頼るべき存在と言えましょう。

転職エージェント


転職エージェントランキング

type転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

転職エージェント


転職エージェント


求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国.

転職エージェント


転職エージェント

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

転職エージェント